雑記 PR

ケーブルなしが便利すぎる!スマホに直挿し充電できるモバイルバッテリー【USB-タイプC】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

外出先でスマホを充電するのに欠かせないモバイルバッテリー

今やスマホと同じくらい現代人にとっては必需品ですよね。

私も日帰り旅行や、夜勤の仕事のたびにモバイルバッテリーを持って行きます。

しかしそこでよくあるのが、モバイルバッテリー本体は持ってきたのにケーブルを忘れるという失敗…。

充電切れに怯えながら過ごしたことが何度もあります。

ケーブルいらないモバイルバッテリーってないかな?

とりあえず人気ブランドのAnker製品をネットで漁っていたところ、おっちょこちょいの私にピッタリのモバイルバッテリーを見つけました!

今回は『Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)』をご紹介します。

下記のようなものをお探しならば、これを買っておけば幸せになること間違いなし!

  • スマホ1回分くらいの充電ができればいい!
  • 軽量でコンパクトなものがいい!
  • USB-タイプCのものが欲しい!
  • ケーブルレスがいい!

Anker Nano Power Bank の外観

Anker Nano Power Bank
本体サイズ25×77×37(㎜)
重さ102g
USB-C入力最大18W
USB-C出力最大22.5W
容量5000mAh




似ている見た目と名前で「Anker Nano Power Bank (12W, Built-In Lightning Connector) 」という商品がありますが、今回ご紹介するのは「22.5W, Built-In USB-C Connector」です。
間違えないようにご注意ください。

私が購入したのはホワイトです。ホワイトというよりクリーム色。

本体と一緒にUSB-C & USB-Cケーブル (0.6m) も同封されていました。

まず手に持ってみた印象は「めっちゃ小さくて軽い!」でした。

マットな質感で指紋が目立ちにくくサラサラしています。

大きさはリップクリーム2本分くらいでポケットにすっぽり入るサイズ。

カラーは全5種類。

  • ブラック
  • グレイッシュブルー
  • ホワイト
  • グリーン
  • パープル
出典:Amazon

正面にはバッテリー残量がわかるLEDインジケーターがあります。
左側にあるボタンを押すと点灯し、バッテリー状態を確認できます。

1点灯・・・残量25%
2点灯・・・残量50%
3点灯・・・残量75%
4点灯・・・残量100%

上部にUSB-C端子が折りたたんであります。
使用する際は端子を起こし、使わない時は折りたためます。

右側にはUSB-Cのポートがあります。

Anker Nano Power Bank の特徴

  • USB-C端子一体型なのでケーブルレスで充電できる
  • コンパクトで軽量
  • 急速充電可能
  • 充電しながら快適にスマホを操作できる
  • 2台同時充電ができる
  • パススルー充電ができる

モバイルバッテリー本体への充電もケーブルレスで可能

Anker Nano Power Bankはスマホに直挿しして充電できるので、ケーブルを一緒に持ち運ぶ必要がありません。

しかも、Anker Nano Power Bank本体の充電もUSB-C充電アダプターに直挿しできるのでケーブルがいらないのです。

つまりアダプターとモバイルバッテリーさえあればOK!

「いや、そんな充電アダプターなんて持ってないよ」
「やっぱりケーブル使って充電したい」

という方も大丈夫です。

側面のUSB-Cポートを使ってスマホを充電することもできますし、USB-Cポートからモバイルバッテリーの充電もできますのでご安心ください。

2台同時に充電できる

USB-C端子とUSB-Cポートがあることで、デバイスを2台同時に充電することも可能です。

たとえば、「片方をスマホの充電、もう片方をAirPods Proの充電」という使い方もできるわけです。

ただし2台同時充電すると出力が合計18Wに落ちます

パススルー充電対応

パススルーとは、スマホとモバイルバッテリーを同時に充電できる機能です。

スマホもモバイルバッテリーも両方一気に充電したいときに役立ちます。電源を複数確保する必要がないのでとても便利です。

Anker Nano Power Bank のデメリット

私が使っていて特に不便に思ったことはないのですが、口コミの中で気になったものがあるのでご紹介します。

端子が折れてしまうのでは?

確かにスマホに端子を挿し込んだ状態で、バッグやポケットに入れておくと、変に端子に負荷がかかって折れてしまう可能性があります。

それが心配ならば、端子を折りたたんでUSB-Cポートからケーブルをつないで充電した方が安全かもしれません。

私の場合は、充電中もスマホを持っているかデスクに置きっぱなしなので、落とさない限り折れないと思います。

なによりケーブルレスがラクすぎるので、たとえ折れたとしてもまた購入したいくらい気に入っています。

iFaceのケースには非対応

スマホケース下部が5㎜を超える厚さのケースと、ケーブル穴の幅が13㎜未満のケースには非対応です。

スマホショルダーなど、ストラップを付ける角が出っ張っているデザインだと、それが干渉して端子が届かない場合があります。

購入する際はご自身のスマホケースをよく確認しましょう。

Anker Nano Power Bank まとめ

ケーブルレスモバイルバッテリー、Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)をご紹介しました。

iPhoneもiPhone15からUSB-タイプCへ移行しましたね。

Androidスマホ、Nintendo Switch、iPad、AirPods Proなど、USB-タイプCのデバイスが多いのでスマホ以外の充電にも活躍してくれそうです。

あらためて、Anker Nano Power Bankのおすすめポイントと残念ポイントをまとめます。

  • ケーブルレスで充電、給電ができる
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 急速充電ができる
  • スマホ1回分の充電ができる
  • 2台同時充電可能
  • パススルー充電ができる
  • 端子が折れる可能性がある
  • スマホケースの厚さやデザインによっては端子がうまく挿さらないものがある

私としては購入して大満足のモバイルバッテリーです!

ケーブルという煩わしい荷物を減らすことができますし、充電しながら快適にスマホを使えるので不満がありません。

日常用として軽さやコンパクトさを重視する人に、とてもおすすめできるモバイルバッテリーです!

あなたも日常使いのお供にAnker Nano Power Bankはいかがですか?

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村